土日休みで勤めたい薬剤師の方必見!

薬剤師求人-土日休みの職場で働きたい

「できるならば、土日は必ず休める職場で働きたい‥」と思っている薬剤師の方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

例え、週休2日制となっていても、完全週休2日制ではないために、毎週土日休めないケースも少なくありません。土日祝日営業のドラッグストアに勤務した場合、平日しか休めないこともあります。
パート薬剤師の求人探し

特に家庭を持っている薬剤師の方は、土日は休みたいところでしょう。子供の学校行事も土日祝日に行なわれたりしますし、家族で休みに出かける予定も立てやすいので、土日休みを希望する薬剤師は多いようです。

また、現職場の休みが不定期なことに不便を感じて、土日休みの職場への転職を希望している薬剤師もいらっしゃいます。

土日休みを確保しやすい職場という点で、一番に挙げられるのは「企業」です。企業は基本的に土日祝日は休みというところが多いので、企業に勤めるのがベストなのですが、求人数はかなり少ないので、残念ながら転職しやすい職場とは言えないでしょう。

比較的休みを確保しやすく転職しやすい職場というならば、やはり調剤薬局だと思います。例えば、個人経営の小規模クリニックなどに併設されている調剤薬局などはお勧めです。併設の調剤薬局であれば、休みもクリニックに連動しているからです。

このようなクリニックは、土曜日は午前中に限って診療しているところもありますが、日曜日や祝日はほぼ休みなので、少なくとも日祝日は必ず休めるでしょう。

ただ、土日休みの職場に転職したい場合、転職理由をそのまま正直に伝えてはいけません。相手の印象に残らないどころか、「それだけの理由で?」とマイナスに捉えられてしまいます。これでは転職も成功しません。

本当の理由が土日休みという点だとしても、転職成功に欠かせない好感度アップのためには、仕事に対する前向きな姿勢をアピールした転職理由を考えるべきです。転職支援サイトでは、そのような点もアドバイスしてくれますので、有効活用されてみるといいでしょう。

薬剤師転職にはアピールが大事

仕事を辞め新しい職場に勤めると、今までよりもお給料などの条件はダウンします。もしもヘッドハンティングを受けたというような、特別なケースは異なりますが、殆どのケースでは今までの職場にいた時の条件を維持できることはありません。

もちろんそれは薬剤師転職にも当てはまります。例えばこれが逆の立場だった場合はどうでしょう。長い間会社でコツコツと努めて来た人の年収が、急に転職してやって来た人の年収にあっさりと抜かれてしまったとしたら…。一カ所で勤め上げて来ている人からすれば納得できない話だと思います。

先程も話しましたが、ヘッドハンティングのような、役職付きでやって来たような人は別です。ですが、この職場では何の土台も積み上げられていない転職者より、長年会社に貢献して来た自分の方が年収が低かったとしたら、どう考えても理不尽に感じませんか?

今度は自分を転職者に置き換えてみましょう。転職者というのは、元々その会社にいた人からするとある意味突然やって来た侵入者のような存在です。中でも調剤薬局などは、狭い世界ですよね。もしかしたら転職後は上手く行かない可能性もありますし、今までの年収を捨てることにもなりかねません。そうだったとしても、転職したいと思うでしょうか?

答えから言ってしまうと、もしも現状の職場に大きな不満がないのであれば、無理矢理転職する必要はありません。反対に、今以上に自分らしく働きたい、職場に納得できない、というのであれば、転職をおススメします。

転職する際に何より重要なのは、転職によって自分が幸福になることです。幸せになるためには転職時に、自分をどれだけ新天地の企業に買ってもらえるか、ということが大事だと言えます。

地方での転職活動の場合は、薬剤師の需要が高いため、調剤の経験をたくさん持っている人であれば、それだけ有利に売り込むことができます。反対に都心などは薬剤師の供給方状態ですので、高く売り込むことは難しいでしょう。どれだけ自分を高く売り込めるか、お給料アップを目指せるかというのは、転職成功のためには欠かせません。

自分ひとりで出来れば問題ありませんが、自信がないひとは転職サイトに登録して、コンサルタントに任せてしまいましょう。転職サイトには転職のプロである、コンサルタントがいます。転職時に今までの条件を維持するためには、自分自身を強くアピールすることが大事、転職サイトのコンサルタントに、どんどん売り込んでもらってください。

薬剤師の地位の話

ヨーロッパやアメリカなどでは薬剤師の平均収入は日本の二倍だと言われています。約1.100万円から1.200万円ほどです。もちろん日本で活躍する薬剤師さんも、掛け持ちやパートで頑張っている人などは、2000万円以上稼いでるけど?という人もいるでしょう。

なぜアメリカでは薬剤師の地位や年収が高いのかというと、国民保険がないということにもありました。アメリカでは全員が保険には言っているわけではないため、病院に行く前に薬局にアドバイスをもらいにいくそうです。ですから自然と薬剤師のことを尊敬する職業だと思うのだと聞きます。

ですが日本ではお医者さまからの処方箋を見て薬を出すお仕事、というイメージがありませんか?頑張って認定薬剤師免許を取った薬剤師さんもいましたが、正直お金の負担ばかり出て行ってしまい、特にこれと言ったメリットはありません。薬について知りたいと薬剤師を尋ねる患者さんも多いですが、その理由はお金がかからないからです。

知りたいことがわかれば、その薬局ではなく、安く購入できるドラッグストアに向かいます。確かにドラッグストアでは薬のセールもしていますし、お得なので気持ちもわかりますが、毎年徐々に薬剤師さんの地位が脅かされている気もします。

最近の薬剤師国家試験の合格率をご存知ですか?今年度は過去最低の合格率で6割強という状態でした。薬剤師になるための大学生は昔と違い6年制です。親御さんは必死になって地方からお子さんを大学に行かせます。6年間も安くないお金を費やし、生活費を捻出し、それなのに国家試験を通らなかった時は、親御さんは辛いところがありますよね。

お医者さまに比べると縁の下の力持ちのイメージがある薬剤師ですが、実は皆さん頑張って薬剤師になっているわけです。何しろ薬剤師の資格は国家資格です。

薬剤師の皆さんももっと本気になりましょう。このまま待遇が改善されない場合は、別の道を探すことも考えてみてください。例えば転職もそのひとつです。今のままでいいのかな?と迷った時は、薬剤師に特化した転職サイトなどで、新しい道を探すことも考えてみるのもいいでしょう。